PUBLICATIONS

論文誌 – Journal Paper

J. ZHOU, X. LI, H. CHEN, R.CHEN, and M. NUMAO: “3D Objects Tracking by MapReduce GPGPU-Enhanced Particle Filter”, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Vol.E98-D, No.5, pp.1035-1044, 2015.
中野隆介,沼尾雅之:無線LANアクセスポイントへの検索要求を用いた屋内混雑度推定手法,日本データベース学会論文誌,Vol.12,No.1,pp.121-126,(2013)
高橋 麻美 , 根路銘 崇 , 沼尾 雅之:利用者単位の消費電力量測定手法と家庭における節電指標の提案,情報処理学会論文誌,53(7),pp.1711-1720 (2012-07-15)
松澤裕史,沼尾雅之:集約バスケットからの相関関係マイニング,電子情報通信学会論文誌 D,Vol. J95-D No.2, pp.170-182, (2012)
沼尾雅之, 松尾総一朗:プロセス産業のための履歴テーブルに基づく品質分析法の提案,日本データベース学会論文誌,Vol.10,No.1,pp.79-84,(2011) (PDF).
Yasuo Kuniyoshi and Masayuki Numao: “Academic Roadmap in Integrated Information Field,” Technical Note, Advanced Robotics, Vol. 23, pp.1465–1474, 2009
國吉康夫, 沼尾雅之: 情報系複合領域アカデミック・ロードマップ, 日本ロボット学会誌, Vol.26, No.7, pp.738-741, (2008)
吉澤武郎,渡邊裕治,沼尾雅之: JDBCモニターによるアプリケーション透過的ポリシーエンフォースメント, 情報処理学会論文誌,Vol.48, No.9, pp.3051-3059 (2007)
百合山まどか,小金山美香,渡邊裕治,北山文彦,沼尾雅之: 疎結合な関係にある企業をまたがるトレーサビリティの実現(PDF), 日本データベース学会論文誌, Vol.5 No.1, pp.69-72 (2006)
沼尾雅之,渡邊裕治: P2Pマルチキャストのための動的グループ鍵構成法(PDF), 情報処理学会論文誌,Vol.45, No.2, pp.597-604 (2004)
沼尾雅之,渡邊裕治: 属性指定型動的コミュニティ生成のためのセキュリティとプライバシー(PDF), 情報処理学会論文誌,Vol.45, No. 1, pp.103-111 (2004)
渡邊裕治, 沼尾雅之: P2Pデータ共有における暗号化データのアクセス制御, 情報処理学会論文誌,Vol.44, No.10,pp.2437-2443 (2003)
渡邊裕治, 沼尾雅之: プライバシーを保護した公平なリストマッチング, 情報処理学会論文誌 Vol.44, No.8, pp.2117-2125 (2003)
増田宏,沼尾雅之: 不完全な三面図からの立体モデルの生成(PDF), 人工知能学会誌, Vol.12, No.6, pp.928-935 (1997)
S. Shimizu, M. Numao: Constraint-Based Design for 3D Shapes(PDF), Artificial Intelligence, Vol.91, No.1, pp.51-69 (Elsevier, 1997)
H. Masuda and M. Numao: A Cell-Based Approach for Generating Solid Objects from Orthographic Projections(PDF), Computer-Aided Design, Vol.29, No.3, pp.177-188 (Elsevier, 1997)
M. Numao: An Integrated Scheduling/Planning Environment for Petrochemical Production Processes, Expert System with Application, Vol.8, No.2, pp.263-273 (1995)
増田宏,沼尾雅之,清水周一: 非多様体形状モデラとATMSを用いた三面図からのソリッド合成法(PDF), 情報処理学会論文誌, Vol.35, No.3, pp.453-460 (1994)
清水周一, 沼尾雅之: 幾何制約に基づく3次元形状の設計(PDF), 人工知能学会論文誌 Vol.9, No.1, pp.129-138 (1994)
M. Numao: Cooperative Scheduling and Its Application to Steelmaking, IEEE Transaction on Industrial Electronics, Vol.38, No.2, pp.150-155 (1991)
森下真一, 沼尾雅之, 戸沢義夫: 協調型スケジューリングによる製鋼工程スケジューリング・エキスパートシステム(PDF), 人工知能学会論文誌 Vol.5, No.2, pp.184-193 (1990)
M. Numao, S. Morishita, and H. Maruyama: How Should Prolog Computation Be Represented for Practical Use?, New Generation Computing, Vol.8, No.2, pp.95-112 (Springer-Verlag, 1990)
森下真一,沼尾雅之: Prologの視覚的計算モデル(PDF), 情報処理学会論文誌,Vol.28 No.04, pp.359-366 (1987)

国際会議 – Conference Paper

Nobuyuki Oishisand Masayuki Numao:”Active Online Learning Architecture for Multimodal Sensor-Based ADL Recognition Sense of Community in Nursing Home,” AAAI Spring Symposia, 2018.
Shintaro Nagama and Masayuki Numao:”IoT-Based Emotion Recognition Robot to Enhance Sense of Community in Nursing Home,” AAAI Spring Symposia, 2018.
Masayuki Numao and Shuya Masuda:”Non-Restrictive Continuous Health Monitoring by Integration of RFID and Microwave Sensor,” AAAI Spring Symposia, SSS16/ 7, pp.396-402, 2016.
Xiaoshuang Xu and Masayuki Numao: “An efficient generalized clustering method for achieving k-anonymization,” CANDAR 2015: The 3rd International Symposium on Computing and Networking, pp.114-114 2015.
Takashi Nerome, Masayuki Numao: “A Product Domain Model Based Software Product Line Engineering for Web Application,” CANDAR 2014 : The Second International Symposium on Computing and Networking: 572-576, 2014.
Masayuki Numao and Katsuya Suzuki: “Event-Based Integration of RFID and Sensor Data for 5W1H Traceability,” The 3rd International Symposium on Robot and Artificial Intelligence, 2010.
Shohei Hido, Hirofumi Matsuzawa, Fumihiko Kitayama, Masayuki Numao: “Trace Mining from Distributed Assembly Databases for Causal Analysis” , Proceedings of The 13th Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD2009), LNAI, Springer , 2009.
M. Numao and Y. Kuniyoshi: 50-year Outlook of Robot Technology – Future Vision and Technical Challenges(PDF), proceedings of the 2nc International Symposium on Robot and Artificial Intelligence, The University of Electro-Communications, (Keynote Speech PDF)) , pp.10-14, 2008.
W-S.Li, D.Gao, R.Bhatti, I.Narang, H.Matsuzawa, M.Numao, M.Ohkawa, T.Fukuda: Deadline and QoS Aware Data Warehouse(PDF), International Conference on Very Large Data Bases (VLDB2007), pp.1418-1421 (ACM 2007)
C.Robson, M.Numao and Y. Watanabe, Parts Traceability for Manufacturing(PDF), International Conference on Data Engineering (ICDE), pp.1212-1221 (2007)
Y. Watanabe and M. Numao, Multi-Round Secure Light-Weight Broadcast Exclusion Protocol with Pre-Processing, European Symposium on Research in Computer Security (ESORICS2003), pp.85-99 (2003)
Y. Watanabe and M. Numao, Conditional Cryptographic Delegation for Mobile Peer Services, Information Security Conference (ISC), pp. 309-321, (2002)
M. Numao, Periodical Multi-Secret Threshold Cryptosystems(PDF), Advances in Cryptology – Asiacrypt’99, pp.363-377 (1999)
M. Numao: A Secure Key Registration System Based on Proactive Secret Sharing Scheme(PDF), 4th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems, pp.230-237 (IEEE 1999)
S. Shimizu, K. Inoue, and M. Numao: An ATMS-Based Geometric Constraint Solver for 3D CAD, 3rd International Conference on Tools for AI, pp.282-290 (IEEE 1991)
K. Shimada, H. Masuda, M. Numao and S. Kawabe: Constraint-based Object Description for Product Modeling, 3rd International Conference on Computer Applications in Production and Engineering, pp.95-106 (IFIP 1989)
H. Masuda, K. Shimada, M. Numao, and S. Kawabe: A Mathematical Theory and Applications of Non-Manifold Geometric Modeling, International Symposium on Advanced Geometric Modelling for Engineering Applications, pp.89-103 (1989)
M. Numao and S. Morishita: A Scheduling Environment for the Steel-Making Process, 5th Conference on AI Applications, pp.279-286 (IEEE 1989)
M. Numao and S. Morishita: Scheplan – A Scheduling Expert for Steel-Making Process, International Workshop on AI for Industrial Applications, pp.467-472 (IEEE 1988)
M. Numao: Update Propagation Network – A Framework for Constraint Programming, Logic Programming Conference ’87, LNCS No.315, pp.40 -49 (Springer-Verlag 1988)
S. Morishita and M. Numao: Prolog Computation Model BPM and its Debugger PROEDIT2, Logic Programing Conference ’86, LNCS No.264, pp.147-158 (Springer-Verlag 1987)
S. Morishita, M. Numao, and S. Hirose: Symbolical Construction of Truth Value Domain for Logic Program, 4th International Conference on Logic Programming, pp.533-555 (MIT Press 1987)
M. Numao and H. Maruyama: ProEDIT-A Screen Oriented Prolog Programming Environment(PDF), Logic Progaming Conference ’85, LNCS No.221, pp.100-107 (Springer-Verlag 1986)
M. Numao and T. Fujisaki: Visual Debugger for Prolog, 2nd Conference on AI Application, pp.422-427 (IEEE 1985)
M. Ishizuka and M. Numao: A Frame-like Knowledge Representation System for Computer Vision, 7th International Conference on Pattern Recognition, pp.1128-1130 (IEEE 1984)

研究会・ワークショップ・シンポジウム – Special Interest Group/Workshop/Symposium

大石伸之,沼尾雅之:マルチモーダルセンサによるADL認識フレームワークの提案,情報処理学会マルチメディア・分散・協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム,2018.(優秀プレゼンテーション賞)
沼尾雅之:IoTに基づくビッグデータの介護支援への展開,第16回日本病院総合診療医学会学術総会(招待講演)2018.
竹之内 翔太郎, 沼尾 雅之:咳音に対しての擬似音節化モデルと軽装着マイクを用いた咳嗽計数手法の検討,情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム, 4E-1 2017.
岡村 健太, 沼尾 雅之:無線LANアクセスポイントを用いた店舗待ち時間予測,情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム,8E-5, 2017.(ヤングリサーチャ賞)
Kanlaya Phommasak, 沼尾 雅之:MQTTを用いたセンサネットワークの可視化システムの開発,情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム,6C-3, 2017.
鄭希,沼尾 雅之:マイクロ波センサを用いた異常状態検知手法情報処理学会, 高齢社会デザイン研究会,2017
濱田 航一, 沼尾 雅之:Wi-Fi電波強度を利用した機械学習による屋内位置推定における環境変化への適応手法情報処理学会, マルチメディア通信と分散処理研究会,2017
増田 周弥,沼尾 雅之:RFIDを用いたリアルタイム状態検知システムの提案第,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),G1-2, 2016.
金兵 裕太,沼尾 雅之:ネットショッピングサイトの商品レビューを利用したジャンル毎の評価軸の自動構築,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),C2-3, 2016.
松石 浩輔,沼尾 雅之:既存家電機器をスマート家電化する家電認識スマートタップの提案,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),H2-7, 2016.
清水 祐輔,沼尾 雅之:転調を考慮した和声解析システムによるMusicXMLへの和声付け,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),E3-2, 2016.
岡村 健太,沼尾 雅之:無線LANアクセスポイントを用いた店舗待ち時間予測,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),H4-2, 2016.
石垣 藍睦,沼尾 雅之:Twitter特有のネットワーク構造を用いたユーザの重要度評価法の提案,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),B7-4, 2016.
許 小双,沼尾 雅之:Clustering-based approach for achieving k-anonymization,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),F8-3, 2016.
西岡 渉,沼尾 雅之:小説を対象とした知的ナビ機能の付いた電子書籍リーダの提案,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),E8-5, 2016.
清水祐輔,沼尾雅之;転調を考慮したコード進行解析システム,第109回情報処理学会音楽情報科学研究会, 2015.
松石 浩輔, 沼尾 雅之:ECHONET Liteプロトコルに対応した家電認識スマートタップの提案,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, A1-3, pp. 217 – 223, 2015.
濱田 航一, 角田 博保, 沼尾 雅之:VRを用いた居住環境を再現可能な地震体験システムの提案と評価,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, F7-3,pp. 1544 – 1550, 2015.
王 旭, 沼尾 雅之:Intelligent Water Dropアルゴリズムによるモバイルロケーションマネジメントの最適化マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム,G7-5, pp. 1576 – 1581, 2015.
金兵 裕太,沼尾 雅之:楽天市場の商品レビューを使用した評価軸と評価表現辞書の同時構築手法,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015),A1-3, 2015.
篠原 透,沼尾 雅之:シーケンシャルパターンマイニング拡張による特徴的なコード進行の抽出手法,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015),F1-2, 2015.
奥田 容子,沼尾 雅之:k-匿名化のための属性値に応じた属性値一般化手法の提案,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015),G1-5, 2015.
安藤勇,沼尾雅之:RFIDを用いた電波強度による異常行動認識システムの提案,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014),K-044,2014.
根路銘崇,沼尾雅之:多品種対応ドメインを用いたモデル駆動開発の実現,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014),査読付き論文,FIT論文賞,RO-012,2014.
横堀哲也,沼尾雅之:プローブ要求を利用したスマートフォンユーザー向け屋内位置推定手法,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014),査読付き論文,RO-004,2014.
石垣藍睦,沼尾雅之:Twitter からの為替予測に特化したドメイン辞書構成法の提案,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014),査読付き論文,RO-00, 2014.
篠原 透,沼尾雅之:シーケンシャルパターンマイニング拡張による特徴的なコード進行の抽出手法情報処理学会, 音楽情報科学研究会104-3, 2014
松石 浩輔,沼尾 雅之:相関分析のためのラティス構造に基づくデータセット生成器,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014),C6-5, 2014.
ZHOU Jieyun, NUMAO Masayuki, LI Xiaofeng, CHEN Haitao:3D Objects Tracking by GPGPU-Enhanced Particle Filter Algorithms,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014),D9-2, 2014.
清水 智可良, 沼尾 雅之:RSSを用いたセンサーデータマッシュアップのためのウェブアーキテクチャ, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム, 4H-1,2013.
野田 弘毅, 沼尾 雅之:Rackインタフェースに対応した高速なウェブサーバの実装・評価, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム, 2F-3,2013.
王 旭, 沼尾 雅之:単方向直線ページングのための端末位置更新法,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム, 3A-5, 2013
中野 隆介, 沼尾 雅之 :無線LANアクセスポイントへの検索要求を利用した屋内混雑度推定, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),E6-5, 2013.
渡辺翔太,大野将樹,沼尾雅之:電子書籍を対象とした視覚的スタイル自動付与システムの検討,人工知能学会第2回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会,pp.19-24, 2012.
西面翼,沼尾雅之:加速度センサを用いた動的窓幅による行動認識,情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2012.
服部陽彦,沼尾雅之:電源環境の変化に強い家電認識手法の提案,情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2012.
後閑俊亮,沼尾雅之:動画配信システムにおける視聴者フィードバックによるインデックス生成法,第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012),査読付き論文、RK-006,2012.
岡村亮一,大野将樹,沼尾雅之:音楽的特徴に基づくメドレー曲の自動生成手法,第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012),査読付き論文,RE-001,2012.
丸尾将輝,大野将樹,沼尾雅之:Twitterの実況書き込みを利用したスポーツ番組のイベント検出,第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012),一般論文,F-030,2012.
王 旭, 沼尾 雅之:セルラーネットワークにおける適応型ページング法の提案,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, 1B-3, 2012.
清水 智可良, 野田 弘毅, 沼尾 雅之:RSSを用いたセンサーデータのマッシュアップ基盤の作成,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, 6E-2,2012.
中野 隆介, 沼尾 雅之 :無線LANアクセスポイントへの検索要求を利用した鉄道車内混雑度推定, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2012),A10-1, (2012)
高橋 麻美, 根路銘 崇, 松澤 裕史,沼尾 雅之:利用者単位での消費電力可視化システムの開発, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2012),B1-3, (2012)
薬師寺駿介, 沼尾雅之:複数のRFIDタグによる人の状態認識, 情報処理学会第32回ユビキタスコンピューティングシステム研究会,2011.
馮晨, 沼尾雅之:MarginNote:AJAX動的文書解析による一般Webページ注釈システムの提案(査読付き), 情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ, 2011.
高橋麻美,根路銘崇,沼尾雅之:サービスインターフェースモデルに基づく利用者単位の消費電力の測定手法(査読付き), 第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011), (2011)
根路銘崇,高橋麻美,松澤博史,沼尾雅之:サービス消費モデルを用いて要求を満たせる電力消費最適化手法の提案, 情報処理学会第174回ソフトウェア工学研究会, 2011.
沼尾雅之,松澤裕史, 松尾総一郎:集約バスケットからの相関関係マイニング,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011),E5-3, 2011.
松尾総一郎, 沼尾雅之:プロセス産業に向けた「履歴テーブル」を用いた分析手法の提案,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011),D6-4, 2011.
鈴木克弥, 沼尾雅之:実世界トレーサビリティの為のクエリ処理システムの提案,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011),B8-3, 2011.
北山文彦, 沼尾雅之, ローラン・バルメリ: 製品の概念モデルと部品表の一貫性を管理するツールの設計, 組み込みシステムシンポジウム, 2008.
沼尾雅之, 吉澤武郎: RFID検索サービスのためのプライバシー保護(PDF), 電子情報通信学会暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2007), pp.340-341 (2007)
沼尾雅之, 渡邊裕治, 石垣良信: 流通トレーサビリティにおけるセキュリティの考察(PDF), 電子情報通信学会暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2006), pp.96-97 (2006)
沼尾雅之, 渡邊裕治: トレーサビリティのための所有権移転可能な所有者認証方法(PDF), 電子情報通信学会暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2005), pp.1585-1590 (2005)
沼尾雅之,渡邊裕治,百合山まどか: 顧客データアクセスにおけるプライバシーポリシーの展開(PDF),電子情報通信学会暗号と 情報セキュリティシンポジウム(SCIS2004), pp.137-142 (2004)
沼尾雅之,渡邊裕治: 属性を考慮した匿名投票システムの提案(PDF),電子情報通信学会暗号と 情報セキュリティシンポジウム(SCIS2003), pp.191-196 (2003)
沼尾雅之,渡邊裕治: プライバシーを保持した属性鍵配信システム(PDF),情報処理学会コンピュー タセキュリティシンポジウム(CSS2002), pp.35-40 (2002)
沼尾雅之,渡邊裕治: P2Pマルチキャストのための動的グループ鍵生成法(PDF), 電子情報通信学会暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2002),pp.405-409 (2002)
沼尾雅之: プライバシーを保持したリストマッチングプロトコル(PDF),情報処理学会コンピュー タセキュリティシンポジウム(CSS2001), pp.265-270 (2001)
沼尾雅之: Timed Release Threshold Cryptosystem(PDF), 電子情報通信学会暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS1999), pp.451-456 (1999)
沼尾雅之: スマートカードを利用したデータハイディングにおけるメッセージ抽出法(PDF), 情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS1998), pp.255-260 (1998)
沼尾雅之: 秘密分散者のいらないProactive Secret Sharing,電子情報通信学会ISEC研究会,ISEC98-18 , pp.69-74 (1998)
沼尾雅之: IBMにおけるデータマイニング技術, 電子情報通信学会データベースシステム研究会, Vol.95, No.408, pp.27-32 (1995)
沼尾雅之,森下真一: 製鋼工程のためのスケジューリングシステム, 計測自動制御学会第14回システムシンポジウム, Vol.27, No.10, pp.45-46 (1988)
沼尾雅之,嶋田憲司,増田 宏,川辺真嗣: 設計データベース構築に向けた3次元モデリングにおける制約の記述とその管理, 情報処理学会グラフィクスとCADシンポジウム, pp. 189-198 (1988)
沼尾雅之: 制約プログラミングのためのネットワークモデル, 情報処理学会知識工学と人工知能研究会,Vol.1987 No.63, pp.1-8 (1987)
沼尾雅之,森下真一,広瀬伸一: 自由ブール代数を値とする論理形言語とその仮説推論への応用, 情報処理学会記号処理研究会,Vol.1986 No.72, pp.1-8 (1986)
沼尾雅之: Prologの視覚的デバッガ, 情報処理学会記号処理研究会,Vol.1985 No.14,pp.1-8 (1986)
沼尾雅之,藤崎哲之助: Prologプログラミング環境の作成, 情報処理学会オペレーティング・システム研究会,Vol.1985 No.3,pp.1-8, (1985)
沼尾雅之,藤崎哲之助: Prologのための視覚的プログラミング環境, ソフトエェア科学会オブジェクト指向ワークショップ(WOOC’85), pp.1-8 (1985)

全国大会 – National Convention

沼尾 雅之:IOT システムのアジャイルプロトタイピング,ものこと双発学会 2017年度年次研究発表大会,2018.
水俣 ひかり,石垣 藍睦,金兵 裕太,近藤 敬宏,沼尾 雅之:企業アンケート分析のためのテキストマイニング技術,ものこと双発学会 2015年度年次研究発表大会,2016.
近藤 敬宏,石垣 藍睦,金兵 裕太,水俣 ひかり,石垣 綾:データマイニング技術を応用した企業アンケート分析,ものこと双発学会 2015年度年次研究発表大会,2016.
清洲正勝、沼尾雅之:データサイエンスのプロセスと業務評価モデル,情報処理学会第77回全国大会,2015.
安藤勇,沼尾雅之:RFID を用いた電波強度による異常行動認識システムの提案,情報処理学会第76回全国大会,1Y-4, 2014.
篠原透,大野将樹,沼尾雅之:作曲支援のためのマイニングによる和声進行提示システムの提案,情報処理学会第75回全国大会,5R-1, 2013.
尾久陽平,大野将樹,沼尾雅之:突入電流波形パターンを用いた家電推定手法の提案,情報処理学会第75回全国大会,5S-5, 2013.
仲宗根萌,大野将樹,沼尾雅之:和音混合音テンプレートを用いた音源同定,情報処理学会第74回全国大会,4S-3, 2012.
山野井祐介,沼尾雅之:一般動作の加速度データによるユーザー識別手法の提案,情報処理学会第73回全国大会,4W-6, 2011.
瑞慶山浩希, 沼尾雅之: RFIDと加速度センサを使ったコンテクスト依存型会話システムの設計, 第23回人工知能学会全国大会, in CD-ROM, 2009.
鈴木克弥, 沼尾雅之: センサネットワークにおける問い合わせ言語を用いたデータ収集効率化手法の提案, 第23回人工知能学会全国大会, in CD-ROM, 2009.
沼尾雅之: 個人情報のための属性認証(PDF), 情報科学技術フォーラム(FIT2003), pp.175-176 (2003)
沼尾雅之,清水周一,森本典繁: データハイディングによる電子署名, 第53回情報処理学会全国大会, pp.261-262 (1996)
沼尾雅之,清水周一,木村雅 彦: 要因解析のためのデータマイニング, 第49回情報処理学会全国大会, pp.195-196 (1995)
沼尾雅之,増田宏,松沢裕史: 図面からの形状特徴の認識, 第49回情報処理学会全国大会, pp.211-212 (1994)
沼尾雅之,増田宏: 3次元 CADによる図面の認識, 第47回情報処理学会全国大会, pp.293-294 (1993)
沼尾雅之,清水周一,香田正人: 再利用可能な属性モデラ, 第45回情報処理学会全国大会, pp.191-192 (1992)
沼尾雅之,清水周一,増田 宏: 幾何制約に基づく3次元形状設計システム, 第6回人工知能学会全国大会, pp.57-60 (1992)
沼尾雅之,森下真一: スケジュール作成支援エディタ, 第35回情報処理学会全国大会,pp.1647-1648 (1988)
沼尾雅之,森下真一: Scheplan — 製鋼工程のためのスケジューリングシステム,第36回情報処理学会全国大会, pp.1547-1548 (1988)
沼尾雅之: 制約Prolog, 第34回情報処理学会全国大会,pp.201-202 (1987)
沼尾雅之: 制約伝播ネットワークにおける伝播の効率化, 第4回ソフトウェア科学会全国大会,D-2-4,pp.219-222 (1987)
沼尾雅之: 変数束縛を重視したProlog実行モデル, 第33回情報処理学会全国大会,3E-9, pp.503-504 (1986
沼尾雅之: Prologの視覚的デバッガ, 第32回情報処理学会全国大会,pp.299-300 (1985)
沼尾雅之: PROEDIT-システム構成と実装, 第31回情報処理学会全国大会,7E-9, pp.403-404 (1985)
沼尾雅之,藤崎哲之助: Prologプログラミング環境の実装, 第30回情報処理学会全国大会,pp.295-296 (1985)
沼尾雅之,中川幹夫,藤崎哲之助: Prologプログラム環境の視覚化, 第30回情報処理学会全国大会,pp.421-422 (1985)
沼尾雅之,丸山宏: 対象指向型言語における環境の導入, 第29回情報処理学会全国大会,pp.555-556 (1985)
沼尾雅之: 対象指向型言語によるシステム・コンフィギュレータ, 第28回情報処理学会全国大会,6Q-6, pp.1375-1376 (1984)

著書・編著 – Book

M. Numao: Development of a Cooperative Scheduling System for the Steel-Making Process, Intelligent Scheduling, M. Aarup, Mark S. Fox, Monte Zweben (Eds) , pp.607-628 (Morgan Kaufmann Pub.ISBN: 1558602607, 1994).
沼尾雅之: 制約プログラミング,インテリジェントCAD,吉川弘之,伊藤公俊 責任編集,(コロナ社 ISBN:978-4-02044-1, 1989)
沼尾雅之,藤崎哲之助: Prologの視覚的プログラム環境, オブジェクト指向, 鈴木則久編, pp.225-243 (共立出版 ISBN:4320022577, 1986)
招待講演
沼尾雅之: IBMのモデル駆動型システムエンジニアリングへの取り組み, IDGモデリング・フォーラム2007 (2007/9)
沼尾雅之: RFIDとセキュリティ - プライバシー保護 – (PDF),InterOp2006 (2006/6)
沼尾雅之: プライバシー情報管理の統合ソリューションテクノロジー, IBMソフトウェアワールド2005 (2005/5)
沼尾雅之: AI技術を用いたプライバシー保護技術,AIセミナー,人工知能学会(2005/1)
沼尾雅之: 分散トレーサビリティにおけるセキュリティとプライバシー保護技術,SSR RFIDワークショップ 商品トレーサビリティとプライバシー,SSR産学戦略的研究フォーラム (2005/1)
沼尾雅之: プライバシーを保護するための技術, ITコンファレンス2004,日本GUIDE/SHARE (2004/4)
沼尾雅之: Dynamic Service and Trading by Web Services, OADG技術セミナーPeer to Peer技術動向, PCオープン・アーキテクチャ推進協議会 (2001/3)