カテゴリー: シンポジウム

DICOMO2020にて沼尾研学生が優秀プレゼンテーション賞とヤングリサーチャー賞受賞!!!

本研究室の学生 大嶋政親(修士卒業)、永間慎太郎(M2)と近藤颯(M2)が2020年6月24日、25日、26日に開催されたDICOMO2020シンポジュウム に参加し,ヤングリサーチャー賞(近藤颯)と優秀プレゼンテーション賞(大嶋政親と永間慎太郎)を受賞しておめでとうございます。

発表の題名:

ドメイン固有オントロジーを用いた時系列データからの要約文の自動生成著者 *近藤 颯, 沼尾 雅之

パッシブRFIDタグアレイを利用した非画像信号からの画像復元とトイレ行動検知システムへの応用著者 *大嶋 政親, 沼尾 雅之

社会的孤立の測定とケアを目的とした介護施設向け見守りシステムフレームワークの提案著者 *永間 慎太郎, 沼尾 雅之

表彰のリンクはこちら:

表彰

AAAI2019にて修士1年大石伸之が研究論文口頭発表

2019年3月27日(水)に博士前期課程1年 大石 伸之さんが,カリフォルニア パロアルトのスタンフォード大学にて開催される国際学会 “AAAI 2019 Spring Symposium Series” にて口頭発表しました.

Session: Interpretable AI for Well-being: Understanding Cognitive Bias and Social Embeddedness
Title: Measuring Functional Independence of an Aged Person with a Combination of Machine Learning and Logical Reasoning

 

AAAI2017 にて研究論文口頭発表

2017年3月27日(月)に博士前期課程2年 増田 周弥さんが,カリフォルニア パロアルトのスタンフォード大学にて開催される国際学会 “AAAI2017 Spring Symposium” (Association for the Advancement of Artificial Intelligence 2017 Spring Symposium)にて研究論文を口頭発表します.
Session:
Wellbeing AI: From Machine Learning to Subjectivity Oriented Computing
Monday, March 27, 10:05 – 10:30
Stanford University, Palo Alto, California
Overview and Sensor-based Well-Being:
“Sensor-based Detection of Invisible Changes in Activities towards Visualizing Disuse Syndrome”
Shuya Masuda

AAAI2016にて研究論文口頭発表

2016年3月21日(月)に沼尾 雅之教授が,カリフォルニア パロアルトのスタンフォード大学にて開催される国際学会 “AAAI2016 Spring Symposium” (Association for the Advancement of Artificial Intelligence 2016 Spring Symposium)にて研究論文を口頭発表します.
Session:
Well-Being Computing: AI Meets Health and Happiness Science
Monday, March 21, 16:00 – 16:25
Stanford University, Palo Alto, California
Health Monitoring:
“Health Monitoring Non-Restrictive Continuous Health Monitoring by Integration of RFID and Microwave Sensor”
Masayuki Numao